消防士と結婚して良いこと困ったこと|消防士インフォメーション|警察官/消防士と出会える婚活パーティー

会社概要お問い合わせサイトマップ

Firefighter Information

トップページ消防士インフォメーション > 消防士と結婚して良いこと困ったこと

エクシオが選ばれる理由 公務員の方におすすめ!ブライダル情報センター公務員コース(男性向け) 公務員の方と出会いたい!ブライダル情報センター男性公務員コース(女性向け)

スタッフブログ

2017.12.15
朝は早めに

2017.12.08
婚活熱上昇中!

2017.12.01
2017年も残りわずか

2017.11.24
鍋日和

2017.11.17
サンタクロースと雪ダルマ

消防士と結婚して良いこと困ったこと

消防士との結婚に憧れる人は多いです。ですが一般的なサラリーマンと違い、消防士の勤務形態や仕事の内容は特殊です。結婚したらどんな生活になるのかをイメージするのは、あまり簡単なことではないでしょう。

そこで消防士の男性と結婚した奥様が感じている「消防士と結婚して良かったこと」と「消防士と結婚して困ったこと」をそれぞれピックアップしてみました。消防士との結婚では良いことも困ったこともいろいろあります。ときに、メリットはデメリットに、デメリットはメリットに解釈することも出来ます。感じ方は人それぞれですので、ひとつの例としてお考え下さい。

消防士と結婚して良かったこと

消防士の男性と結婚した妻が感じている、消防士と結婚して良かったことをいくつか挙げていきます。

収入が安定している

収入が安定している 消防士は地方公務員ですので、収入が安定しているというのが良い点として挙げられます。ただし収入が安定している=収入が多いというわけではないので、消防士と結婚した後に専業主婦になる人は少なく、共働きのパターンが多くなっています。

結婚後も仕事を続けたいと思っている女性や、不況に左右されない収入が良いと考えているなら消防士との結婚に向いているといえるでしょう。

料理をはじめ家事が得意

料理をはじめ家事が得意 消防士は交代制で消防署に寝泊りします。つまり、勤務中はほかの消防士との共同生活です。また消防士になるための第一歩である消防学校では、寮での共同生活となります。そこでは自分達のことは自分達でこなさなければいけませんから、自然と家事が得意となっていきます。

結婚後に家事を積極的にしてくれる旦那様を希望される場合、消防士こそ理想といえるかも知れません。ただし、人によっては家では家事をしないこともあるので、婚活の際はそういった点を見極めるべきでしょう。

親や親族からのウケが良い

親や親族からのウケが良い 消防士という職業は誰でも知っている職業で、一般市民から憧れられる存在でもあります。
その上公務員ということもあり、特に親の世代にとっては信頼出来る職業だと認識されていることが多いです。ですから結婚に反対する人がなく、結婚の話がとんとん拍子に進むということも珍しくはありません。

体力がある

体力がある 消防士と結婚した人の中には、買い物の際に重い荷物を持ってくれて助かるのが良い点だという人もいます。消防士は仕事柄、日々どんな状況下にも耐えうるしっかりとした身体作りをしていますので、体力があって頼り甲斐があります。

また、日頃から体を動かすのが好きな人が多く、筋肉トレーニングもしていますから、体に無駄な脂肪がなくいつまでも若々しい体型を維持出来るというのも、消防士が魅力的に見えるポイントだといえます。

平日にお出掛けが出来る

平日にお出掛けが出来る 一般的なサラリーマンは週末が休みのため、出掛けた先では渋滞や混雑に巻き込まれることが多いでしょう。その点、消防士は平日休みが多いので、ほぼ渋滞や混雑のストレスを感じることなく外出を楽しむことが出来ます。

ただし、妻が平日休みでなければすれ違いになってしまいます。結婚前に消防士の勤務体制について、よく理解する必要があるでしょう。

消防士と結婚して困ったこと

消防士の男性と結婚した女性が感じている、消防士と結婚して困ったことをいくつか挙げていきます。

火災や緊急時には真っ先に駆けつける

火災や緊急時には真っ先に駆けつける 消防士の使命として、市民の命が何らかの危険にさらされるようなことが起こった場合、すぐさま向かわなくてはなりません。
そのためいざという時には家にいないということがほとんどです。こうしたことから妻となる人は自分自身やお子様を守らなくてはなりません。いざという時に夫に頼りたい、守ってもらいたい、という気持ちが強い女性は消防士の男性との結婚には向かないかも知れません。

夜に不在の場合が多い

夜に不在の場合が多い 消防士は24時間勤務の交代制で勤務をしています。そのため夜であっても勤務中は家にはいません。1人で夕飯を食べ、1人で夜を過ごす奥様にとって、心細さも感じるのではないでしょうか。また子供がいる場合、その面倒をみるのは母親である妻1人になってしまいます。食事の準備からお風呂、寝かしつけまですべて行うことになり、困ってしまうことも多いです。

ただし勤務が明ければ家にいる時間も多いので、育児に協力的な夫であれば積極的に育児に参加してくれることでしょう。 また勤務でなくとも夕食後、体作りのためにジムへ向かう消防士の男性もいます。シャワールームのあるジムなら、そこで入浴も済ませてくる場合もあります。結婚してもプライベートな時間を持つことは大切ですが、2人で共有する時間も大事なものです。結婚前に話合っておくと良いでしょう。

休みが週末とは限らない

休みが週末とは限らない 消防士の休みは平日にあることが多いです。ですから女性が週末休みの場合、すれ違いの生活になってしまいます。また子供がいる場合、学校が休みの日に父親は仕事ということも多くなります。休日は家族で一緒に過ごしたいという理想がある女性は、この点を理解した上で婚活をするべきです。

逆に休みの日が夫と違うということは、自分が休みの日に好きなことを思いっきり楽しめるという解釈も出来ます。夫と趣味が異なる場合、一緒にいる時は自分の趣味が楽しめないけれど、休みの日は自分1人で自由に楽しめると1人時間を満喫している人も少なくありません。