警察官の給与の話|警察官インフォメーション|警察官/消防士と出会える婚活パーティー

会社概要お問い合わせサイトマップ

Police Information

トップページ警察官インフォメーション > 警察官の給与の話

エクシオが選ばれる理由 公務員の方におすすめ!ブライダル情報センター公務員コース(男性向け) 公務員の方と出会いたい!ブライダル情報センター男性公務員コース(女性向け)

スタッフブログ

2017.12.15
朝は早めに

2017.12.08
婚活熱上昇中!

2017.12.01
2017年も残りわずか

2017.11.24
鍋日和

2017.11.17
サンタクロースと雪ダルマ

警察官の給与の話

よく、警察官は激務なのに薄給じゃないか、と思われている人がいますが、実のところ私たちが想像するよりも給与は驚くくらい高く、身分が保障される抜群の安定性があります。
何よりも定年退職後でも受け皿がありますし、保障や年金もしっかりしているのです。警察官のメリットのひとつには、この給与と待遇の良さにあります。

高い金額の給与と安定性が魅力の警察官

高い金額の給与と安定性が魅力の警察官 銀行関係者によりますと、30代の警察官で貯蓄額が1,500万円という人が多いといいます。つまり、月々の貯蓄額が15万円ぐらいでボーナスを含めるとこの計算になります。人事院が毎年発表している公務員の平均年収でも、その高給取りである一面がうかがえます。一般職の国家公務員が630万円程度として、その上が海上保安庁の680万、地方公務員(一般職)710万、税務署職員740万、そして警察官では810万円となるからです。

警察官採用試験に合格した人は必ず警察学校への入校が義務付けられていますが、この警察学校時点で給料が支払われているのが特徴。大学卒業後に民間企業を経て警察に入った人で、21万4,000円の月給を得ていたといいます。教官からは入校中は家賃や光熱費もかからないのだから、手元に2万円残し残りは貯金しなさい、と指導されます。
在校中は厳しい規則で外出もありませんから、卒業時には100万円は貯まるというのですから驚きです。ちなみに高卒なら3万円程度引いた額になります。

警察官2年目で驚きの昇給金額

警察官2年目で驚きの昇給金額 民間企業に入社する大学卒の初任給を平均すると19万8,000円で、高校卒なら15万6,000円ですが、先述したように警察学校に入校時の初任給平均額は21万4,000円と高めです。しかも入校から1年後、最初に配属される交番勤務の頃には大卒で27万4,000円、高卒で23万3,000円に昇給します。これは民間企業ではそうありえないステップアップになります。

何しろ大卒で約6万円、高卒で5万円もの昇給だからです。高給取りの警察官ですが、もちろんそれには24時間警察官でいることを強いられるマイナス面もあります。厳しい訓練や全寮制での警察学校時代を経て、卒業後も独身ならば寮生活となれば、ストレスもそれだけ強いからです。
また新人時代は寮生活において飲み代といえば、先輩が出してくれるケースが高いのも特徴のひとつ。出費を抑えられるため、彼らは貯蓄がしやすい環境であるともいえます。命を賭けて市民の生活を守る警察官にとって、将来のための資金が貯めやすいのはいうまでもありません。

財テクにハマる警官は出世しない?

財テクにハマる警官は出世しない? 警察官の一番の強みは平均年収の高さと同時に、安定性が保証されていることでしょう。警察官は雇い主の判断でクビという訳にはなりませんし、あるのは不祥事を起こした時に突きつけられる懲戒解雇というシステムがあるだけです。業績にとらわれず、ギャンブルにハマらない、または犯罪に手を染めない限りはずっとその身分は保障されます。
ですが真面目で堅実な警察官が多い中、やはりギャンブルや借金、投資で身を滅ぼしてしまう人もいます。FXや先物投資をしている場合、大抵が資産を増やせずに損をする人の方が圧倒的にも関わらずに、です。しかも資産運用に熱心過ぎると、上司からは仕事に身が入っていないと睨まれ、評価を下げられるのは間違いありません。
ちなみに警察官は消費者金融や銀行ローンでお金を借りてはいけない、といった規則はありません。警察の共済組合でもお金を借りることは出来ますが、そこを使えば間違いなく上司に知られてしまいます。そこを恐れ、民間金融業者や銀行のフリーローンを使うようですが、これも発覚すれば勤務査定で厳しい評価が下るのはいうまでもありません。

知っておくべきデメリット

警察官は公務員ではありますが他の公務員と違い、国民の生命や生活、安全を守るという職務から、他の行政職員よりも給料面では優遇されていることがわかったと思います。

ただし、これには理由があることも忘れてはいけません。
警察官である以上、一般人よりも危険な状況に遭遇することがつきもの。つまりは高額な給料にはこうした危険手当をはじめ、様々な特殊勤務手当が含まれているからです。いったん大きな事件が起これば1週間は帰宅出来ない、家族の顔を見ることが叶わないのはもちろんのこと。万が一に備えての額が加算されていることも忘れてはいけません。
そんな危険と紙一重な仕事に従事している警察官には他にも期末手当・勤続手当(ボーナス)、宿直手当、夜間緊急招集手当など、驚くほどさまざまな手当てが存在し、その待遇も非常に充実しています。

元を正せば何も警察官だけが危険な仕事というわけではありませんし、私たち一般人でもいつ凶悪事件に巻き込まれるか分からない現実があります。その意味でも日夜不眠不休で取り組んでいる警察官がそれなりに給与を得ていても、何ら不思議ではないのかもしれません。