警察の階級と人事|警察官インフォメーション|警察官/消防士と出会える婚活パーティー

会社概要お問い合わせサイトマップ

Police Information

トップページ警察官インフォメーション > 警察の階級と人事

エクシオが選ばれる理由 公務員の方におすすめ!ブライダル情報センター公務員コース(男性向け) 公務員の方と出会いたい!ブライダル情報センター男性公務員コース(女性向け)

スタッフブログ

2017.12.15
朝は早めに

2017.12.08
婚活熱上昇中!

2017.12.01
2017年も残りわずか

2017.11.24
鍋日和

2017.11.17
サンタクロースと雪ダルマ

警察の階級と人事

警察にも係長や部長といった、他の役所や民間企業のような役職があります。最大の違いは階級という独特の制度でしょう。日本の警察には警察法第62条により9段階に区分された階級が存在します。
制服には階級章を付けるように義務付けられているため、今どの階級なのかがひと目で分かるようになっています。

階級名と役職

階級警察庁警視庁県警本部(大)県警本部(小)警察署(大)警察署(小)
-長官-----
警視総監------
警視監次長・局長・
審議官 他
副総監・部長本部長---
警視長課長・管区
警察局部長
部長部長本部長--
警視正室長・理事官参事官・課長部長部長署長-
警視課長補佐課長・管理官課長課長副署長署長
警部係長係長課長補佐課長補佐課長次長
警部補主任主任係長係長係長係長
巡査部長主任主任主任主任
巡査-

表内にある係とは所属場所の係員のことを指します。ただし、警察庁や警視庁では巡査部長であっても平職員扱いになります。主任はその部署のリーダー的存在ですが、係や班には複数の指揮官がいるため、一人の係長の下で分担して係員を指揮します。

昇進の方法と仕組み

昇進の方法と仕組み 採用されたばかりの新人は巡査からスタートします。通常、巡査が巡査部長に、巡査部長が警部補に昇任するためには昇任試験を受けて通る必要があります。ただし、勤務成績が優秀で実務経験が豊富ながら、承認試験を受けずにいた場合は上記にはありませんが「巡査長」という階級が与えられます。これは巡査と巡査部長の間に位置する階級です。

全体の割合としては警察官全体の90%が巡査から警部補で占められ、警部が5%、警視は2.5%、警視正から警視監までは約3%で構成されています。昇任試験に受かれば階級が上がるとはいえ、警視正から警視総監までは定員が定められているため、欠員が出なければ昇任は出来ない仕組みになっています。

昇任試験は各都道府県で受験年数が違う?

昇任試験は各都道府県で受験年数が違う? 厳しい階級社会である警察では、階級によって就ける役職が違います。そのことからも出世をしたければ昇任試験を受けなければなりません。
この昇任試験の受験資格ですが、各都道府県によって異なります。分かりやすく、ここは警視庁を例にして説明しましょう。
警視庁では巡査部長の試験を受けるには大卒採用者(砧燹砲任△譴1年、短大卒(粁燹砲覆3年、高卒程度(稽燹砲4年以上巡査としての実務経験が必要です。

巡査部長から警部補への試験なら砧爐1年、粁爐2年、稽爐任3年以上の実績となります。これが警部補から警部ともなると採用区分に関係なく、4年以上の実績保有者となるのです。ちなみに昇任試験は択一式の筆記問題。出題の内容は部署関係なく同問題が出されるので、それまで配属されたことのない任務から出題された、と驚く場合もあるようです。
そうしたことからも試験勉強をしっかりし、まんべんなく警察官として部署を問わず知っておくことが重要でしょう。

階級による地方公務員と国家公務員の存在

階級による地方公務員と国家公務員の存在 警察組織には一般の人には分かりにくい部分が多々存在します。そのひとつが階級によって地方公務員か国家公務員かに分かれるという制度でしょう。検察庁勤務を除く、巡査から警視までは地方公務員ですが、警視正以上は都道府県警に勤務していたとしても国家公務員=地方警務員になるのです。
そのため、同じ職場でも階級によっては国家公務員と地方公務員が存在し、勤務することになります。
こうした制度に一般感覚では違和感を持つかもしれませんが、階級社会である警察では何も特別なことではなく、そのことで職務に支障をきたすこともありません。
大切なのは上官が指揮・命令をしたことを、下官が指示に従い職務を遂行することでしょう。

警察における人事とは?

警察組織は各都道府県に分かれ、管轄する県の名前をとって○○県警察と定められています。一度採用された場所から他の各都道府県へ異動となることはありません。つまり、神奈川県警察で採用された警察官ならば、神奈川県内での異動はあっても、東京都へということはありません。

ただし圏内だからといって正反対の位置へ異動、となると家族をおいて単身赴任をするしかない場合も起こります。地方公務員なのに単身赴任というのも淋しいですが、共働きをされている夫婦やローンを組んで家を建ててしまった場合、一緒に引っ越すのは難しいのかもしれません。
この人事異動は警察ではよくあることです。理由としては同じ場所で同じような人間関係が長く続くと、どうしても悪い意味で馴れ合いになり、利害関係から不祥事が起こりやすいからといわれます。また、夫婦や親子で同じ警察署に配属されることもありません。地方公務員ではありますが、一生地元でという希望が叶わないのも警察組織に属する特殊性かもしれないでしょう。