警察官の出会いと結婚|警察官インフォメーション|警察官/消防士と出会える婚活パーティー

会社概要お問い合わせサイトマップ

Police Information

トップページ警察官インフォメーション > 警察官の出会いと結婚

エクシオが選ばれる理由 公務員の方におすすめ!ブライダル情報センター公務員コース(男性向け) 公務員の方と出会いたい!ブライダル情報センター男性公務員コース(女性向け)

スタッフブログ

2017.12.15
朝は早めに

2017.12.08
婚活熱上昇中!

2017.12.01
2017年も残りわずか

2017.11.24
鍋日和

2017.11.17
サンタクロースと雪ダルマ

警察官の出会いと結婚

私たちの安心・安全を24時間365日守ってくれる警察官。小さなトラブルから大きな事件までしっかりサポートし、市民の平和と明るい社会基盤を作ってくれています。まっすぐで正義感あふれる警察官の存在は、私たちにとってまさに強くて優しい頼れるヒーロー。あの制服姿に心惹かれている女性も少なくありません。あんな頼もしい男性が傍にいてくれたら…。
そう願う女性たちの素朴な疑問、警察官の出会いと結婚にクローズアップしてみます。

警察官の出会い事情

警察官の出会い事情 職業柄、倫理や道理を重んじる聖職者として目を向けられがちな警察官。
“人々のお手本”としての立ち位置が強く、俗世的なイメージである恋愛事情については、どうしても自由にオープンにとはなりにくい性格を持っています。しかし彼らも制服を脱げば普通の男性。むしろ熱い情熱を持ちあわせている分、実は普通の男性よりも恋愛への憧れが強く、人一倍出会いを求めていることは意外と知られていません。そんな彼らのプライベートをご紹介しましょう。

男だらけの職場。出会いたくても出会うチャンスがない!

男だらけの職場。出会いたくても出会うチャンスがない! フェミニズムが世の中のスタンダードという時代の大きなうねりによって、各業界、女性進出がノーマルなものとなりつつあります。警察組織もそのひとつ。年々女性警官の数は増え、それまで不可能だと思われてきた白バイ隊にも小柄な女性が登場するなど、その活躍の幅は広がりを見せています。昔から典型的男社会として成り立ってきた組織にとって、この傾向は職場に花を添える明るい動き。事件やトラブルの内容によっては、女性警官の活躍がとても大きなものとなっているのです。

しかしいくら女性が増えたとはいっても、それが出会いや恋愛と直結するかは全く別問題。むしろ彼女らは同僚や後輩としての位置付けが強く、気の緩みや公私混同といったものが任務に影響した場合、大変な責任問題に繋がるという危機感を抱いています。更に出会いのチャンスに恵まれない原因のひとつとして、不規則な勤務スタイルというものがあります。厳しい規律と予測不能な事件の数々。警察官という職業は常にフレキシブルな対応が求められ、仕事とプライベートを完全に切り離すのは難しいということが大きく関係してきます。
出会いたくても出会うチャンスが無い…。どんなに時代が変化しようとも、こういった職業的な性質上、恋愛がどうしても縁遠くなってしまうのが警察官なのです。

やっぱり出会いの王道は「合コン」

やっぱり出会いの王道は「合コン」 知っている人は知っている?実は警察官、結構合コン三昧といわれています。しかしどの業界でもいえることですが、合コンの機会がそのまま恋愛の多さに比例するとは限りません。むしろ日々警察官という肩書きに縛られ過ぎている抑圧から、こういった人間らしい交流を持つことで上手く発散しているのです。
ちなみに気になる警察官の合コン相手は、不規則かつ特殊な世界という共通項から、看護師との合コンが多いとのこと。共感し合いながら飲むお酒は明日への活力に繋がるのです。

警察官の結婚事情

警察官の出会い事情 常に危険と隣り合わせの気が抜けない職業である警察官にとって、安らぎの場所は想像以上に大切なもの。警察官も1人の人間です。緊張と緩和のバランスを裏で上手く舵取りが出来る女性の存在は本当に尊いものなのです。
いくら強靭なメンタルを持ってしても、人間守るべきものや守られる喜びがあるのとないのとでは、仕事への意欲もモチベーションも全然違ってくるのです。しかし特殊な職業柄、お互いの理解の深さが結婚生活へダイレクトに影響してきます。
あらかじめ警察官という職業への理解を深め、女性の自分に出来る役割について考えてみてください。

とにかく不規則。外で平和を守る夫、そして家庭を守る妻と心得る。

とにかく不規則。外で平和を守る夫、そして家庭を守る妻と心得る。 常に世の中の動向に合わせた動きをとらなければならない警察官は、休日返上で働くこともしばしば。勤務時間も勤務スタイルも変則的で、楽しい予定を立てることや、段取りが大好きな女性にとっては苦痛を感じることも多いものです。

しかし警察官の妻というポジションは、誰よりもそのことについて理解を示さなければ成り立ちません。寂しいのは夫も同じこと。むしろ自分の時間さえ持てない夫を気遣って、家庭でほっと落ち着ける空間を作ってあげようと専念することが、妻の大きな役目となるのです。「夫が寝てばかり…」と不平不満を漏らす妻の気持ちも分からなくはないのですが、無事に帰って来てくれたと思えば、こんなに幸せなことはありません。

気になるお給料について

一口に警察と言っても配属先、階級によって様々です。簡単にいうと、交番勤務などの警察官などは地方公務員、国家2種を通過して警察庁に配属された人は国家公務員という扱いですから、それだけでもお給料に差が出てくるのは事実です。
厳格な階級性ですので、その人の頑張り次第で将来が決まるといっても過言ではなく、若いころのポジションよりも、その人の意欲や将来性が大きく関わってくるといえます。

警察官の妻という自覚

基本的に普通の夫婦と何も変わりはありませんが、それでも警察官の妻という自覚は必要です。ルールや規則を順守させるのが警察官の一番の役割ですから、まずその先頭に自分がいるという意識を持って、最低限の社会ルールは守らなければなりません。また周りの目というものも存在します。職業柄どうしても作り上げられたイメージというものがありますから、夫が居心地の悪くなるような振る舞いは避けるべきです。
尚、警察官は飲み会の頻度が高く結婚式も派手です。人との繋がりも仕事のひとつと理解し、快く送り出すということを心掛けましょう。